« 燃費を考える | トップページ | 日雇い派遣禁止 »

2008年6月30日 (月)

国会議員の所得

このほど国会議員の所得が公開された。

国会の純の所得は?こちらを公表すべきであり、

議員としての所得は国に返すべきでは?

議員はボランティアである。生活所得の無い者が職業議員となるのはおかしい。

議員報酬は市町村まで無くすべきだ。

以下、抜粋

衆参両院は30日午前、国会議員の2007年1年間の所得報告書を公開した。1人当たりの平均所得は前年を139万円上回る2580万円となり、3年連続で増加した。政党別では、民主党が前年比836万円増の3051万円で、1998年の結党以来初のトップ。一方、前年まで8年連続首位だった自民党は、不動産や株式の売却益が減少したことなどが響き4位に後退した。
 民主党が大幅増となったのは、松野頼久衆院議員が不動産売却で約15億円の所得を得たためで、これが国会議員全体の平均所得を押し上げる要因にもなった。松野氏を除くと、議員1人当たりの平均所得は前年比97万円減。
 所得公開は国会議員資産公開法に基づき、毎年行われる。前年1年間を通じて国会議員だった衆院475人、参院170人の計645人が対象。衆院の平均所得は2703万円(前年比184万円増)、参院は2235万円(同47万円減)だった。
 政党別の平均が民主党に次いで多かったのは、国民新党の2706万円。以下、新党大地2648万円、自民党2475万円、社民党2176万円、公明党2041万円、共産党1989万円と続いた。
 個人で5000万円以上だったのは17人。このうち1億円以上は松野氏(15億4653万円)と、自民党の奥野信亮(1億3535万円)、清水清一朗(1億1450万円)両衆院議員の3人だった。松野氏は、06年5月に死去した父の松野頼三元自民党総務会長から相続した東京・白金台の自宅を売却。奥野氏はストックオプション(自社株購入権)の権利行使、清水氏は都内の駐車場、貸店舗の家賃収入が高額所得の理由となった。

伝承千年の宿 佐勘 伝承千年の宿 佐勘

地域:仙台市内・秋保温泉・作並温泉
特色:徳川時代に政宗公ゆかりの湯として栄えた佐勘には、歴史に磨かれた粋なもてなしの心が受け継がれています。
楽天トラベルで詳細を確認する

|

« 燃費を考える | トップページ | 日雇い派遣禁止 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おひさしぶりです^^
お元気ですかぁ?
日に日に朝、晩は寒くなって
秋も深まってるって感じです。
風邪など召されませんように
気をつけてお過ごしくださいね~

投稿: モモ | 2008年10月21日 (火) 18時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1025507/21988686

この記事へのトラックバック一覧です: 国会議員の所得:

» 国会議員所得の妥当性 [ブログ界の正論]
「…まず政治家たちが手本を見せよ。」〜本文より〜 衆参両院は30日午前、国会議員の2007年1年間の所得報告書を公開した。1人当たりの平均所得は前年を139万円上回る2580万円となり、3年連続で増加した。... [続きを読む]

受信: 2008年7月 1日 (火) 12時57分

« 燃費を考える | トップページ | 日雇い派遣禁止 »